推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
口コミのハイライト
紫式部の邸宅

地下鉄烏丸線の今出川駅から、徒歩で京都御所を通りぶらぶらと20分位行くと、紫式部の邸宅跡と知られる立派なお寺が現れます。中国の廬山にならい蘆天台講寺と名付けたそうです。本堂は阿弥陀三尊などを安置してお... 続きを読む

2018年10月20日に投稿しました
Storyteller809336
,
横浜市, 神奈川県
紫式部ゆかりのお寺です

門前に「源氏物語執筆地」のプレートや、「紫式部邸宅跡」の石碑があります。静かで落ち着いた佇まいでした。雰囲気のある横道があり、歩いていくと、墓地でした。周辺には梨木神社などいろいろあり、合わせて訪れる... 続きを読む

2018年9月19日に投稿しました
Exploration804358
,
西宮
41 件すべての口コミを読む
  
翻訳:Google
京都市とその周辺で人気のツアー & アクティビティ
$69.27
詳細
$93.45
詳細
レビューを絞り込む
41件
旅行者の評価
7
21
10
3
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語すべての言語
7
21
10
3
0
旅行者の口コミを見る:
絞り込み
一覧を更新中...
口コミ 41 件中 1015
2017年9月3日に投稿しました モバイル経由

源氏物語ゆかりの地ということで、紫式部がこの辺りで執筆していたようである。彼女に関する資料が置かれてはいたが、撮影禁止としてる割には殆ど見るべき数がない。10分もあれば十分だと思うが、これで拝観料が500円は高いと感じた。

訪問時期:2017年8月
1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2017年8月19日に投稿しました

それなりの由緒と格式を有する有名寺院ですが、紋日や祭事以外の日はガラガラです。ここへ来て他の参拝者と出会うことは殆どありません。桔梗の庭がいよいよ満開となりますのでこれからはそれなりの参拝者もあることでしょう。

訪問時期:2017年8月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2017年1月17日に投稿しました モバイル経由

年明けのチャリポタぶらり初乗りを兼ねて、京都駅から出町柳方面から京都御所周辺をボタリングしていると「紫式部邸宅跡」の廬山寺が目にとまり立ち寄ってみました。

お寺さんの駒札には、「廬山天台講寺」と号する天台圓浄宗の大本山寺院と案内されていました。

さらに山門正面右手には「紫式部邸宅跡」と表示され、お寺を訪れていた方の話では、紫式部が源氏物語を執筆した邸宅跡になるとのことでした。

廬山寺は、源氏庭に咲く桔梗が綺麗とのことでした。

訪問時期:2017年1月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2016年12月31日に投稿しました

口コミはしませんでしたが、秋の特別公開にも行った寺院です。縁起は悠に1000年を超える古都の中でも古寺として通用する立派な寺院でした。ここは紫式部邸宅址にあって、式部が源氏物語を執筆した場所です。ご利益は「学業優等、厄除開運、諸願成就」、悪魔祓いの札が付いたストラップもユニーク。ここは境内自由じゃなくて入山料が必要です。500円。京都御所のすぐ東にあります。

訪問時期:2016年12月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2016年11月25日に投稿しました モバイル経由

紫式部の曽祖父から代々
伝えられた邸宅です。
鬼踊りで有名ですが、公開されている中にも鬼の面はありました。

きちんと一点一点の像について
説明をしてくださる方がいらっしゃったので
何も知らなくてもとても楽しめました。

お寺の中はとても古いので
木の色も漆黒にちかく、それでも
お手入れがきちんとされていて
とてもつややかに輝いてました。

源氏庭と言われるお庭は広く静かで
お花のない季節でも十分にその雰囲気は
感じられました。石も苔もそうですが、
木々の一本一本までも主役に見える庭園
です。

訪問時期:2016年11月
3  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミをさらに見る