推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
口コミのハイライト
ゆっくり見学

コロナ禍のせいか、今回訪問した時には人が少なくゆっくり見学でしました。 普段ですと、写真を撮るために順番待ちの列ができています。

口コミを投稿:昨日
Explorer804103
,
川西市, 兵庫県
ちょっとそこまで、紫式部像ヘ !

宇治川に架かる宇治橋の西詰南側にある石像で造られた「紫式部像」です。 源氏物語の舞台となっている宇治の地に記念として2003年に建立されています。横には「夢浮橋之古蹟」と「明治天皇御駐輦之地... 続きを読む

2020年4月28日に投稿しました
Cruiser810146
,
福岡
36 件すべての口コミを読む
  
口コミ (36)
レビューを絞り込む
36件
評価
2
13
19
1
1
旅行者のタイプ
投稿時期
言語すべての言語
その他の言語
評価
2
13
19
1
1
口コミ中のキーワードを検索
絞込み条件
絞り込み
一覧を更新中...
口コミ 36 件中 27
2020年11月5日に投稿しました

お顔が子供のような顔立ちで紫式部を彷彿する感じがまったく無いです。出来うるならば創り変えてほしいぐらいです。

訪問時期:2020年10月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2020年4月28日に投稿しました

宇治川に架かる宇治橋の西詰南側にある石像で造られた「紫式部像」です。
源氏物語の舞台となっている宇治の地に記念として2003年に建立されています。横には「夢浮橋之古蹟」と「明治天皇御駐輦之地 碑」も建っていて背景には宇治橋が、立ち寄った方たちのほとんどが写真撮影をしています。眺めの良い場所です。

訪問時期:2020年3月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2020年3月14日に投稿しました

京都の宇治駅近くの宇治川にある宇治橋西詰の像。
『源氏物語』五十四帖の最終巻の巻「夢浮橋」の石碑の脇に『源氏物語』の作者である紫式部の像がありました。

この宇治川の周辺は源氏物語の主要な舞台にもなっていて、宇治橋対岸には宇治市源氏物語ミュージアムなど源氏物語関連のスポットがありました。

訪問時期:2019年11月
1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2020年2月8日に投稿しました

源氏物語の作者、紫式部の石碑です。宇治が物語の舞台になったなった為、像があるそうです。源氏物語ミュージアムも近くにあります。

訪問時期:2019年12月
役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
2020年1月1日に投稿しました

宇治橋の西詰、平等院に進む参道前に有ります。このスポットの口コミは2回目ですが、この紫式部像以外にも宇治十帖の案内が市内至る所に有り、宇治の方が羨ましい限りです。

訪問時期:2019年12月
1  役に立った
口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。
口コミをさらに見る