モントリオール
モントリオール
ホテル
すべてのモントリオールのホテルモントリオールのホテルのお得情報モントリオールの直前割引ホテルホテル タイプ別
ホテル クラス別
ホテル・ブランド
人気の設備・サービス
人気の周辺施設
モントリオールの人気カテゴリ
モントリオールの他のカテゴリー
観光スポット周辺
鉄道駅周辺
空港周辺
大学周辺
ツアーやアクティビティレストラン航空券旅の物語クルーズレンタカーその他

モントリオールの旅行情報

トラベラーズチョイスベスト・オブ・ザ・ベストとは?
このアワードはトリップアドバイザーでの最高評価であり、旅行者から高評価の口コミを獲得し、かつ世界中の施設の上位1%にランクインした施設に年に一度授与されます。
今すぐチェック

さっそくチェック:モントリオール

フランス語を公用語とするこの都市は、カナダの文化的中心地であり、ファッションの中心地でもあります。世界中から、スタイルにこだわるクリエイティブな人々が集まります。理由はいたってシンプル。その魅力は、石畳の通りまで漂うヨーロッパの雰囲気です。ノートルダム大聖堂などの代表的な建物を見学したり、プラトー・モン・ロイヤル地区の居心地の良いカフェに立ち寄ったり。街中にあふれるビンテージブティックで、ショッピングを満喫することもできます。モントリオールの見どころの1つは、季節によって街の雰囲気がガラリと変わることです。夏には、景色を満喫しながら、ハイキングやサイクリングを楽しめます。冬の終わりから春の初めまで行われる、毎年恒例の伝統行事もお見逃しなく。それが、シュガー・シャックの収穫祭です。先住民族のコミュニティで誕生したのが始まりで、ドーナツ、パンケーキ、パイなど、ありとあらゆる料理に採れたてのメープルシロップをかけていただきます。他のおすすめ情報もご覧ください。

モントリオールのイチ押し

モントリオールで人気のブランチ

北米のパリと呼ばれるモントリオールの自慢は、卵、パンケーキ、ミモザ、ブラッディ・メアリー。モントリオールっ子はカクテルが大好きなので、友人の多くは、ドランチ(お酒を楽しむブランチ)のアイデアはモントリオールで生まれたと主張します。街にはブランチのお店がたくさんあるので、日曜日にはダブルブランチ(ダンチ)をすることも。これはもう、間違いなくモントリオールならではです。
Karen B, トロント, カナダ
  • Beauty's Restaurant
    436
    家族経営のビューティーズは、昔から人気の朝食スポット。現在は、1942年にこの伝統あるレストランをオープンしたハイマン・スコルニックの子孫が経営しています。ビューティーズの「スペシャル」(クリームチーズ、トマト、玉ねぎ、スモークサーモンを挟んだモントリオールベーグル)や「ミッシュマッシュ」(カットしたソーセージ、サラミ、フライドオニオン、ピーマンの入ったオムレツ)はあまりにも有名。モントリオールのブランチを表す絵文字にできそうなほどです。
  • Au festin de Babette
    79
    ル・プラトーに住むモントリオール市民の4人に1人はフランス出身なので、フランス風のブランチ料理を提供するオー・フェスティン・デ・バベットは大人気。メニューの多くは、プラトー周辺の通りにちなんで名付けられています。ブランチ・サンドニ(サーモン、クリームチーズ、アボカドを添えたワッフル)やブランチ・ドロレ(サーモンを添えた卵の「ベネディクティーヌ」)は外せません。グラタン・ドフィノワなど、フランスらしさあふれるサイドメニューもおすすめです。
  • Arthurs Nosh Bar
    138
    アレックス・コーエンとレイガン・スタインバーグが夫婦で経営するサン・アンリのアーサーズ・ノッシュ・バー。現代風にアレンジされたユダヤ料理は若者にも人気です。コーエンのルーツであるアシュケナージとスタインバーグのルーツであるスファラディックが合わさって、ラトケ・スモーガスボードやモロッコ風トーストなどのメニューが生まれました。アーサーズ・ブラッディーズには、ピクルス、オリーブ、セロリのスティック、 クリームチーズが入ったミニベーグルが添えてあり、それだけで食事になります。
  • Tendresse
    27
    ビストロ・タンドレスはヴィーガンのお店ですが、ヴィーガン以外の人も楽しめます。「エッグス」ベネディクトにはスモークした豆腐が使われていて、まるで卵のような食感。「イカ風」に仕上げたエリンギも外せません。 ここで食事をするときは、友人たちとお互いの料理を味見せずにはいられません。シェアすることが思いやりです。もっとも、ドリンクをシェアする必要はないかもしれません。ビストロ・タンドレスでは、ミモザ2杯が1杯分の値段で提供されています。
  • Millmans
    1
    いつでも大賑わいのミルマンズは、ワンランク上の「キャス・クルート」やスナックバーメニューで人気です。ほとんどの食材は、市内の一流ベーカリー、精肉店、ベーグル店から仕入れるか、自家製です。何を注文しようか迷っているなら、朝食用のサンドイッチにとろとろの卵、厚切りのスモークベーコン、ふわふわのパンケーキを添えるのがおすすめ。期待を裏切らない美味しさです。
  • Olive et Gourmando
    1,788
    地元の人も観光客も集う、オールド・モントリオールの昼間の人気スポット。香ばしくて甘いスコーン、マフィン、クロワッサンなどのペストリーは絶品です。ポーチド「エッグ・オン・ユア・フェイス」パニーニ(スパイシーなポーチドエッグ、ハーブ、マヨネーズ、コンテチーズ、イタリアンハム、じっくりローストしたトマトを挟んだパニーニ)や自家製リコッタチーズプレートなど、斬新な週末の特製ブランチでも知られています。メニューはシーズンごとに変わります。
  • La Binerie Mont-Royal
    188
    気候が寒くなり、体が炭水化物を欲するようになると、ラ・ビネリーの伝統的なケベック料理が食べたくなります。店名はフランス語で「豆のお店」という意味。メープルソースをかけたベイクド・ビーンズが名物です。フレンチ・カナディアン・エンドウ豆のスープや有名なトゥルティエール(ミートパイ)などの郷土料理もあります。もともとは雪に覆われた森で一日中働く木こりのために作られた料理なので、ボリュームたっぷりです。
  • Restaurant de l'ITHQ
    312
    L'ITHQは、ケベック州でよく知られた料理とホスピタリティの学校です。現在では、一般のお客様が利用できるお手頃でスタイリッシュなホテルも経営しています。 朝食/ブランチは客室料金に含まれています。予約なしのお食事も可能です。学生と指導シェフが交代で、アラカルト料理や地元の食材を使った独創的な料理が盛りだくさんのビュッフェを提供しています。どの料理にも真心がたっぷり。ダイニングルームからは、モントリオールで最も素敵な広場の1つ、カレ・サン・ルイを見渡せます。