さっそくチェック:チューリッヒ

チューリッヒ
チューリッヒ
ホテル
すべてのチューリッヒのホテルチューリッヒのホテルのお得情報チューリッヒの直前割引ホテルホテル タイプ別
ホテル クラス別
ホテル・ブランド
人気の設備・サービス
人気の周辺施設
チューリッヒの人気カテゴリ
観光スポット周辺
鉄道駅周辺
空港周辺
大学周辺
ツアーやアクティビティレストラン航空券旅の物語クルーズレンタカーその他

チューリッヒの旅行情報

トラベラーズチョイスベスト・オブ・ザ・ベストとは?
このアワードはトリップアドバイザーでの最高評価であり、旅行者から高評価の口コミを獲得し、かつ世界中の施設の上位1%にランクインした施設に年に一度授与されます。
今すぐチェック
著者:オーナー
旅を計画しよう
チューリッヒ
鮮やかな青い湖に面したアルプスのおしゃれなこの街は、スイス最大の都市で、現代アート、ショッピング、ナイトライフを楽しむための主要な目的地となっています。裕福で整然として、効率的な街であるチューリッヒは、優れた公共交通機関と無料の自転車レンタルシステムのおかげで簡単に移動できます。印象的な現代アートのコレクションがあるチューリッヒ美術館や、シャガールのステンドグラスの窓がある13世紀のフラウミュンスター聖母聖堂を訪れてみては。その後、旧市街(アルシュタット)の石畳の通りを散策したり、ニーデルドルフ通りやバーンホフ通り沿いでショッピングを楽しんだり、チューリッヒ湖でひと泳ぎすることもできます。夜は、スマートで洗練されたバーから水辺のバディ・バーまで、500軒を超えるクラブやバーから選ぶことができます。どこを訪れるか悩んでいるのであれば、おすすめ情報をご紹介します。

チューリッヒのイチ押し

チューリッヒのLGBTQツアー

私の地元、チューリッヒは、非常に機能的で時間に正確な街。ここ10年はレズビアンの市長が統治しており、ニューヨークやロンドンに匹敵する多様性と包括性を備えた、ヨーロッパで屈指のゲイ・フレンドリーな都市です。ここで、すべてを満喫する方法をご紹介します。
Adam G, チューリッヒ, スイス
  • ViCAFE Kweer
    1
    2022年にオープンしたこのスタイリッシュなスペースは、現代の典型的なLGBTQ会場となっています。賑やかなバーにはゲイの男性が集う一方、ステージとベルベットのソファがある奥のラウンジには、カラオケやドラァグ・ビンゴを目当てに幅広い客層が集います。地元で人気があるのは、チューリッヒ旧市街にある石畳の遊歩道沿いに椅子が並ぶエスプレッソバー/カフェ、スピタルガッセ。
  • Cranberry Bar
    61
    居心地がよくおしゃべりが弾むクランベリーは、この街で人気のゲイバーです。1997年に初めてオープンしたこの店は、リンマット川の対岸に位置するチューリッヒの魅力的な旧市街にあり、現在もクィアネスの拠点となっています。2階建てのバーは主にゲイの男性客が集まっていますが、どんな人でも来店しやすい雰囲気です。ル・ポールの『ドラァグ・レース』上映会が開催される毎週金曜日の夜は、地元の人に倣って2階へ。他にも、ラテンナイトや年齢制限なしのフェティッシュパーティーなど、興味深いイベントが目白押しです。
  • Seebad Utoquai
    97
    チューリッヒには、市内の川、運河、湖など、バディと呼ばれるスイミングエリアがたくさんあります。1890年に建てられた白木造りのリドスタイルの温泉は、湖畔の遊歩道沿いという羨ましい場所に建っています。男性専用(ゲイの男性に人気)、女性専用、男女共用エリア、ヌーディスト・エリアの4つのセクションに分かれています。スタンドアップパドルボードのレンタルや温水シャワーも利用でき、夏の夕日を眺めるのに最適なカフェやバーもあります。
  • チューリヒ美術館
    1,948
    2021年の秋、スイスで最も重要な美術館と言えるチューリッヒ美術館は、デヴィッド・チッパーフィールドが設計した、チューリッヒの質素な美意識を体現する2億2,000万ドルの新館を発表しました。多数の建物が建ち並び、アートで溢れています。アンディ・ウォーホル、デヴィッド・ホックニー、フランシス・ベーコンなど、クィア・アーティストの常設作品のほか、マン・レイなどチューリッヒ・ダダを代表するアーティストの作品も展示されています。水曜日は無料で入場できます。
  • Mandarin Oriental Savoy, Zurich
    20
    2021年にチューリッヒにある壮大なサヴォイ・ホテルは、2年間の改装のために営業を終了し、2023年にLGBTQフレンドリーなマンダリン・オリエンタル・ホテルに生まれ変わりました。有名なチョコレートショップが軒を連ねるパラデプラッツに位置する80室のホテルは、フランスのインテリアデザイナー、トリスタン・アウアー氏の作品を特色としています。チューリッヒ湖とグロスミュンスターのゴシック様式の尖塔群を望むルーフトップバーと、モダニズムアートをふんだんに使ったブラッスリーが併設されました。
  • Restaurant Volkshaus
    313
    賑やかなブラッスリーの創業は1910年まで遡りますが、ダイニング・ルームはネオ・インダストリアルな照明とピンストライプの仕切りでモダンに改装されています。気の利いたエプロン姿のウェイターが、カリッと焼けたコルドン・ブルー、とろっとしたオニオン・スープ、栗のムースを運んでくれます。陽気なバーでアペロール・スプリッツを片手にアペロールを楽しんだり、キルシュのアペリティフを味わいながらデザートを楽しんだり、チューリッヒのクィアなクリエイターに人気のスポットです。ヘルヴェティアプラッツを見下ろす、日当たりの良いテラス席を狙うといいでしょう。キッチンにはベジタリアンに対応したメニューがいくつかあります。