チェンマイ
チェンマイ
ホテル
すべてのチェンマイのホテルチェンマイのホテルのお得情報チェンマイの直前割引ホテルホテル タイプ別
ホテル クラス別
ホテル・ブランド
人気の設備・サービス
チェンマイの人気カテゴリ
観光スポット周辺
空港周辺
大学周辺
ツアーやアクティビティレストラン航空券旅の物語クルーズレンタカーその他

チェンマイの旅行情報

トラベラーズチョイスベスト・オブ・ザ・ベストとは?
このアワードはトリップアドバイザーでの最高評価であり、旅行者から高評価の口コミを獲得し、かつ世界中の施設の上位1%にランクインした施設に年に一度授与されます。
今すぐチェック

さっそくチェック:チェンマイ

チェンマイの有名な中心街には、古代の城壁の跡に囲まれた30もの寺院が集結しています。旅行中ずっと散策するとしても、楽しめること間違いなしです。体力があれば、300段の階段を上って、丘の上に建てられた華麗な仏教寺院、ワット・プラタート・ドイ・ステープ寺院も訪ねてみて。ワット・チェディ・ルアンには、有名なエメラルド仏を翡翠で作ったレプリカがあります。歴史的な名所だけでなく、タイの活気ある現在も体験できます。ナイトバザールでは、お土産を値切るコツをマスターして、スパイシーなパッタイと甘いバナナロティで自分へのご褒美を。植物園では、地元の文化に浸りつつ、タイの蘭の繊細な香りを胸いっぱいに吸い込むことができます。探検の疲れを癒したいときは、地元のスパ・スポットで自分へのご褒美を。

チェンマイのイチ押し

チェンマイで食事するときのお気に入りスポット

毎年の数か月間のチェンマイ旅行で、私は訪れるたびにこの街が大好きになっています。それは主に、絶え間ない進化を続けるこの街のグルメシーンが関係しています。賑やかなストリート・フー・ドマーケットからモダンなコーヒーショップ、おばあちゃんが経営するキッチンまで。チェンマイでおすすめの食事スポットを順不同でご紹介します。
Zinara Rathnayake, ゴール, スリランカ
  • Cafe Arte
    187
    チェンマイは美味しいコーヒーで知られており、豆は近くの山岳民族の農場から調達されています。ジェッド・ヨード地区を訪れるなら、カフェ・アルテがおすすめ。長く白いあごひげを生やしたオーナー兼バリスタのポップが、笑顔で絶品のコーヒーを出してくれます。シャンデリアと新鮮なバラが飾られた店内の雰囲気は、日本のアニメ映画のようです。午前中はハムとチーズのクロワッサンがおすすめ。季節限定のアップルパイも外せません。
  • Hong Tauw Inn
    226
    ボリュームたっぷりのランチを食べるなら、たいていホン・トー・インに向かいます。チェンマイのおしゃれなニマンヘミン地区にありますが、このエリアの派手なスポットとは異なります。アットホームな雰囲気の店内で、張りたてのテーブルリネンやヴィンテージの時計を眺めながら、タイ北部の絶品料理を堪能できます。私のお気に入りは、カノム・ジーン・ゲーン・ペッ・カイ(米粉の発酵麺とスパイシーなレッド・チキン・カレー)です。地元の名物料理であるサイ・ウア(ハーブ風味のポーク・ソーセージ)もお見逃しなく。
  • スマイリーキッチン
    36
    グルメな店が集まるチェンマイでは、地元の人が足繁く通う日本食レストランも市内に数多くあります。北海道出身の女性が経営するスマイリー・キッチンは、日本の家庭料理が得意という点で他とは一線を画しています。夕方、弁当を食べにこの店に行くと、ダイニング・ルームが日本人駐在員で満席になっています。無料のセルフサービスのハーブティー・コーナーがあるのもうれしいポイント。
  • カオソーイラムドゥアンファーハーム
    208
    タイ北部で愛されているココナッツ・カレー・ヌードル・スープのカオソーイには、通常、カリカリに揚げた卵麺、エシャロット、コリアンダー、マスタードの茎のピクルス、ライム、ナムプリックパオ(甘くてスパイシーなチリペースト)がトッピングされます。隔週でカオソーイを食べに行くときは、地元の人たちに倣って、このエリアで屈指の歴史あるレストラン、カオソーイ・ラムドゥアンに行きます。濃厚で風味豊かなスープに、ジューシーな豚肉のチャンク、爽やかなシュガーフリーのコールドプレス・オレンジジュースがおすすめです。
  • B Samcook Home 16
    792
    シェフのサマック・プールサワット(皆はシェフ・ボーイと呼んでいます)がタイ北部の料理を大胆かつ洗練されたスタイルで提供するこぢんまりとしたレストラン、Bサムクック・ホーム16は、街中で話題になっています。新鮮な食材を使った7品のシェフズ・テーブル・ディナーは、まさに至福の時間。自家製のミックスベリーソースを添えたガーリック・ペッパー・ポークリブやダック・レッグなどの料理について、シェフ・ボーイが解説してくれます。
  • Grandma Thong's Kitchen
    1
    街から離れてグランマ・トンズ・キッチンまで車を走らせると、久しぶりに会う親戚を訪ねているような気分になります。彼女と彼女の夫は、トムヤムクン(スパイシーなエビのスープ)やトート・マン・クン(エビのすり身に甘酸っぱいディップソースを添えたもの)など、タイの定番料理を提供しています。北タイ料理のコースを求めて、仲間たちと立ち寄ってみては。新鮮な蘭の花が飾られた大皿料理は、見た目も味も絶品です。
  • ワローロット市場
    1,170
    タイ人は、日用品の買い物をするために、ピン川沿いにあるこの屋内外の大きなマーケットに向かうため、市内のナイトマーケットに比べると観光客は多くありません。少し早めに行って、屋内の屋台でブラックコーヒーを一杯飲み、散策するのがおすすめ。生花から手刺繍の服まで、ありとあらゆるものが販売されています。また、揚げた豚の皮やソーセージのグリルなど、地元の軽食を味わうのにもぴったりです。