ダラス
ダラス
ホテル
すべてのダラスのホテルダラスのホテルのお得情報ダラスの直前割引ホテルホテル タイプ別
ホテル クラス別
ホテル・ブランド
人気の設備・サービス
人気の周辺施設
ダラスの人気カテゴリ
観光スポット周辺
空港周辺
大学周辺
ツアーやアクティビティレストラン航空券旅の物語クルーズレンタカーその他

ダラスの旅行情報

さっそくチェック:ダラス

そびえ立つ超高層ビル群や曲がりくねったハイウェイがあるダラス。大都市でありながら、小さな街の魅力も兼ね備えています。高級ブランドのブティックと地元の靴屋が隣接して立ち並び、居酒屋ではフィレミニョンやクラフトカクテルを楽しめます。おしゃれなディープ・エルムを散策してライブミュージックを聴いたり、アメリカ最大のアーツ・ディストリクトで1日を過ごしたり、ミュージアム巡りをしたり。建物自体も魅力的で、特に360度のスカイラインを望むレユニオン・タワーは必見ですが、豊かな自然も特徴的です。ケイティ・トレイルを歩きながら街の景色を堪能するもよし。春にはダラス樹木園で満開の桜を眺めるもよし。絶対外せない名物は、バーベキューとテクス・メクスです。ダラスの活気ある東アフリカ・コミュニティでは、極上のエチオピア料理も味わえます。 他にもたくさんのおすすめ情報をご紹介します。

ダラスのイチ押し

ダラスでおすすめのアウトドア

アーツ・ディストリクトのミュージアムめぐりも、ディープ・エルムのバーに繰り出すのも、誰にも負けないほど好きですが、自然の中で過ごしたいときもあります。ダラスには、景色がきれいなハイキングコースや野鳥が生息する自然保護区など、自然を満喫する方法がたくさん。市内市外を問わず、都会の喧騒を忘れられるお気に入りのスポットをご紹介します。
Justine Harrington, オースティン, テキサス州
  • Trinity River Audubon Center
    54
    ダラスのダウンタウンから南にわずか10分のところにあるグレート・トリニティ・フォレストは、国内最大の都市型広葉樹林です。お気に入りの場所は、トリニティ・リバー・オーデュボン・センター。かつては不法投棄場所でしたが、今では野生生物の楽園です。ピクニックをしたり、さまざまな動物の生息地を巡る約6.4kmのハイキングコースを散策したり。双眼鏡を持っていけば、1回の訪問で50種以上の鳥を見るチャンスがあるかもしれません。
  • ダラス樹木園・植物園
    5,899
    テキサスの蒸し暑い夏が過ぎ、ようやく空気がさわやかになるころ、ダラス樹木園を散策するのが大好きです。毎年恒例のフェスティバル、オータム・アット・ザ・アーボリータムでは、10万個を超えるカボチャやヒョウタンに色とりどりの多年草がアクセントとなり、気分は一気に秋モード。もちろん、約27万平方メートルもの広さを誇る樹木園は、一年中いつでも訪れる価値があります。
  • ホワイト ロック レイク パーク
    673
    定番で外せないのがホワイト・ロック湖。自然の中を少し歩きたいけれど、それほど遠くまでは行きたくない、というときはここです。カウボーイズと同じくダラスの顔と言ってもいい、広さ約4平方キロメートルのこの湖は、周辺に約16kmの舗装されたハイキング・サイクリングコースがあるほか、遊び場、ピクニックエリア、ドッグランも揃っています。水上に出てみたいなら、ザ・スピリット・オブ・ダラスのコミュニティ・セーリングを予約するのがおすすめです。
  • Cedar Ridge Preserve managed by Audubon Dallas.
    65
    シダー・リッジ保護区には並木道が数多くあり、土地固有の木々や野生生物を見ることができます。丘陵地帯の眺めは最高です。キャットテイル・ポンド・トレイルの人気の理由は、比較的距離が短く、見晴らしが美しいこと。いくつかの別のトレイルとつながっているので、もう少しハイキングを楽しむこともできます。保護区は月曜日が定休日で、日没後は門が施錠されます。
  • Oak Cliff Nature Preserve
    1
    ビショップ・アーツ・ディストリクトの南西にあるオーク・クリフ自然保護区は、都会の真ん中にあるオアシス。黄金色に輝く野原や広葉樹の混交林を巡る人里離れたコースが13.kmほど続きます。バードウォッチングも人気のアクティビティです。ハイキングの後は、パラディソでランチ。薪焼きピザ、手作りパスタ、サンドイッチ、サラダなどメニューは多種多様ですが、私のイチ押しはスパイシーなナスのパーム・サミーです。
  • Rowlett Creek Preserve
    1
    ハイキング、ランニング、マウンテンバイクが楽しめるローレット・クリーク保護区。ガーランドにほど近い美しい牧草地と森林を巡る、約26kmにわたる未舗装のコースがあります。自転車は時計回りに、ランナーや歩行者は反時計回りに進むというルールを覚えておきたいところ。人が多くなる前の早朝に訪れるのがおすすめです。
  • Clymer Meadow Preserve
    0件の口コミ
    4月中旬にクライマー・メドウ保護区を訪れたときは、見渡す限り色鮮やかな野の花が咲いていました。ブラックランド草原の一画(北米で最も消滅の危機にある風景の1つと言われる)を訪れるには、ネイチャー・コンサーバンシーに予約する必要があります。見学できる日は限られていますが、何千年も変わらないこの土地の光景は、見に行く価値ありです。