ニューヨーク シティ
ニューヨーク シティ
ホテル
すべてのニューヨーク シティのホテルニューヨーク シティのホテルのお得情報ニューヨーク シティの直前割引ホテルホテル タイプ別
ホテル クラス別
ホテル・ブランド
人気の設備・サービス
人気の周辺施設
ニューヨーク シティの人気カテゴリ
観光スポット周辺
鉄道駅周辺
空港周辺
大学周辺
ツアーやアクティビティレストラン航空券旅の物語クルーズレンタカーその他

ニューヨーク シティの旅行情報

トラベラーズチョイスベスト・オブ・ザ・ベストとは?
このアワードはトリップアドバイザーでの最高評価であり、旅行者から高評価の口コミを獲得し、かつ世界中の施設の上位1%にランクインした施設に年に一度授与されます。
今すぐチェック

さっそくチェック:ニューヨーク シティ

最も高い高層ビル、最大の博物館、最高においしいピザ。ニューヨーク市はすべてを最大限に楽しむことができます。アメリカで最も人気のある場所である理由は一目瞭然です。歴史的なランドマークを見学したり、ブロードウェイのショーを鑑賞したり、ブルックリンの街を散策したりしたいとき、間違った方法なんてものはありません。訪れるたびに新しい発見があります。遊び場やかわいいレストランが軒を連ねる家族向けのアッパー・ウェスト・サイドから、砂ぼこりの立つ路地と洗練された街並みが混在するローワー・イースト・サイドまで、それぞれ独自の雰囲気で1日を過ごすことができます。チェルシーでアート・ギャラリーを巡り、ソーホーでショッピングを楽しんだら、イースト・ビレッジでドリンクを味わってみては。地下鉄に乗ったり、ブルックリン橋を渡ったり、ダンボ地区の石畳の通りを散策したりすることもできます。自然が好きな方も、もちろん楽しめます。セントラル・パークでピクニックをしたり、ハイ・ラインを散策したり、フェリーに乗って海から街を眺めたりできます。他にもたくさんのアイデアをご紹介します。

ニューヨーク シティのイチ押し

ニューヨークシティでイチ押しの無料観光スポット

20年前にニューヨークシティのエリアに引っ越してきたとき、全米で最も物価の高い場所で成功するには、クリエイティブでなければならないことをすぐに学びました。セントラル・パークでの無料コンサートから、人気の美術館・博物館での入場無料日まで、賑やかな都会のライフスタイルを充実させる無料のアクティビティがたくさんあります。おすすめスポットをご紹介します。
Rachel Chang, ニューヨーク シティ, ニューヨーク州
  • Saturday Night Live
    52
    サタデー・ナイト・ライブの「ライブ」は、スタンバイ・ラインから30ロックの空席を確保することで始まります。毎年恒例の抽選でチケットを入手したことはありませんが、空席を埋めるための3つのプロセス(木曜はバーチャル・ライン、金曜は屋外ライン、土曜は屋内ライン)をうまく利用して、スタジオ8Hには十数回足を運んでいます。アドバイス:ゲネプロに行けば、オンエアされることのないスケッチを見ることができます。
  • ニューヨーク公共図書館
    14,649
    単なる図書館ではありません。ステファン・A・シュワルツマン・ビルディングとしても知られる、市内の図書館のボザール様式の本館。5番街の40丁目と42丁目の間に位置するこの建物は、『ティファニーで朝食を』や『スパイダーマン』などの映画のロケ地にもなり、街で屈指の知名度を誇る建物です。究極の都会のオアシスと言えば、見事なローズ・メイン・リーディング・ルーム。私が初めて利用したのは、無料のガイド付きツアーでした。
  • Harry Potter New York
    226
    魔法使いもマグルも、魔法のフランチャイズ製品の世界最大のコレクションに魅了されるはず。ガレオン船が苦手でも、広さ約20,000平方メートルのスペースを無料で散策し、半巨人ハグリッドの靴を履いてみたり、イギリスの電話ボックスから魔法省に入ったり、インスタ映えする写真を撮れます。私は本のアーチの下でポーズをとる写真がお気に入り。混雑する日にはバーチャルキューが使用されますが、正午前に来店できたので良かったです。
  • スタテン島フェリー
    23,034
    自由の女神が見える無料乗車券というものがあります。イエローオレンジ色の巨大なスタテンアイランド・フェリーの船は、ロウアー・マンハッタンのホワイトホール・ターミナルから毎日24時に出発し、4,000人以上の乗客を乗せて南部のセント・ジョージ・ターミナルまで運行しています。これまで何度も利用していますが、絵のように美しい25分間の旅では、いつも写真を撮りたくなります。
  • セオドア ルーズベルト生誕地国定史跡
    242
    何の変哲もないフラットアイアン街区にひっそりと佇む国立史跡は、ちょっと立ち寄るだけのつもりでしたが、昨年の夏に2時間近くもかけて見学した魅力的な場所でした。1848年建造のブラウンストーンを巡る無料のガイド付きツアーでは、第26代大統領の幼少期の住居を復元した部屋を見学できます。特に、オリジナルのテディベアのレプリカと、ルーズベルトが暗殺未遂の際に実際に着用していたシャツの弾痕に圧倒されました。
  • David Zwirner Gallery
    22
    高級アートにはコストがかかる場合もあり、一部の美術館(メトロポリタン美術館など)は地元の利用客向けに払いたい金額を払う方式を提供していますが、無料で最高のアートを楽しむなら、チェルシーのギャラリー、特にデヴィッド・ツヴィルナー・ギャラリーがおすすめです。2013年、まだ世間で話題になる前の草間彌生氏の作品を見るために、ここで何時間も並んで見に行ったことがあります。そのときから、ここのキュレーションを信頼しています。次にご紹介するのは、パキスタン系アメリカ人のアーティスト、フマ・ババの彫刻です。
  • Museum of Chinese in America
    132
    61万4,000人以上のニューヨーカーが中国系であることを自認している中で、チャイナタウンにあるこの博物館にアジア系アメリカ人の歴史が保存されていることを誇りに思います。水曜から日曜の開館時間は入場無料。8万5,000点の収蔵品を持ち、中国系アメリカ人の生活のさまざまな側面に焦点を当てています。伝統的な舞踊、音楽、その他の文化芸術など、プログラムによってさらに充実した内容になっています。
  • ハーシーズ チョコレート タイムズスクエア
    1,022
    ほとんどのニューヨーカーとは違って、私は今でもタイムズ・スクエアを楽しく散策しています。毎日の通勤時にも楽しんでいます。実際、夜遅くまで仕事をしていたときは、ハーシー・チョコレート・ワールドに立ち寄るためだけにここを通りました。ハーシーはいつも無料のチョコレートをくれます。甘いものを楽しみながら、まるでウィリー・ウォンカの工場にいるような気分で歩き回りました。