推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
Best of the Best 観光地 2023
トラベラーズチョイス
トラベラーズチョイス

ベスト・オブ・ザ・ベスト・デスティネーション

注目の観光地 - 世界

トラベラーズチョイス ベスト・オブ・ザ・ベストは、12か月間にわたって利用者から多数の高評価の口コミが寄せられたホテル、レストラン、観光スポットのある観光地に授与されます。トリップアドバイザーの800万件の掲載情報のうち、ベスト・オブ・ザ・ベストを受賞するのは1%未満です。この受賞は旅行体験における最高レベルの卓越性を示すものです。

2023年に受賞された皆さま、おめでとうございます。口コミを投稿された旅行者のご協力にも感謝します。

ランクインした観光地に憧れている人は多いかもしれません。 何といっても、 旅行者に愛される十分な理由があります。


01.
米国市民がキューバを訪問するにはいくつかの手続きが必要ですが、世界各地からの訪問者がすでに体験しているように、この島では素晴らしい文化交流のチャンスが待っています。ハバナは、歴史を感じる建築物と最新の文化が融合しています。首都からトリニダーの小さな町に向かうと、スペイン植民地時代の建築物をさらに目にすることができます。ユネスコ世界遺産にも登録されているこの町を拠点に、かつてキューバの砂糖産業の中心地だった小さな区画、シュガーミルズの谷を訪れてみては。

02.
ベトナム中部の港町ホイアンは、15 ~ 19 世紀の東南アジアの貿易港の面影が残された貴重な場所です。 以前よりバックパッカーには人気の街でしたが、近年では観光客も多く訪れるようになりました。 毎月旧暦の 14 日には、伝統的な提灯のお祭りが行われます。 観光名所としては、来遠橋 (日本橋)、クアン コン寺などがあります。 街で一番腕のいい仕立屋で、オーダーメードの服を作ってもらいましょう。
03.
モーリシャスはアフリカでもっとも豊かな国であり、アクティビティが豊富な熱帯の楽園です。 現代的な首都ポートルイスは (面積 61 km × 46.5 km)、海岸にある活気あふれる港町で、にぎやかな市場もあります。 しかし、ほとんどの観光客は、モン ショワジー、静かなトゥル オ ビッシュ、ダイバーに人気のフリッカン フラックなどのリゾート エリアに集中します。 リビエール ノアールではディープ シー フィッシングが楽しめます。
04.
朝を迎えたアンコールワットの巨大な寺院や遺跡では、シェムリアップの日の出そのものが心に焼き付きます。 この遺跡は、世界最大の宗教建築群の中にあります。 シェムリアップでも特に旅行者が集うのは、この建築群と、12世紀のアンコールトムの王宮です。 カンボジア文化村では国の歴史を学び、アンコールナイトマーケットでは値切り交渉術を学びましょう。このマーケットでは、出店、屋台、バーが数多く軒を連ねています。
05.
チェンマイでのバカンスは、有名なナイト・バザールを探訪するだけでも十分に楽しめます。 活気あふれる値下げ交渉に疲れたら、他にも楽しみ方はまだまだあります。 地元の文化を楽しみ、蘭の繊細な香りを胸いっぱいに吸い込むには、国立博物館や植物園がおすすめです。 街の中心部には、30以上もの寺院があり、その周りを古い城壁が囲っています。 体力に自信があれば、300段の階段を上って、丘の上に建てられた華麗な仏教寺院、ワット・プラタート・ドイ・ステープ寺院も訪ねてみてください。
06.
グランド ケイマンの慌ただしい港を離れると、穏やかで静かな街並みが広がります。 スティングレイ シティ (といっても、砂州なのですが) では、穏やかな海の中、餌づけされたエイと触れ合うことができます。 街の周辺ではマッサージやスパを体験でき、その腕の良さはカリブ海一とも言われています。
07.
世界最古の大学は、オックスフォードでもソルボンヌでもありません。フェズ旧市街にあるカラウィーン大学こそ、世界最古の大学です。 世界遺産にも登録されている、城壁に囲まれた街フェズは、あなたを中世へといざなってくれます。 迷路のようなフェズのメディナや、独特のモロッコ タイル細工が美しいバブ ブージュルードは必見です。 歩いても行けますが、勇気があればタクシーに乗ってみてください。命知らずのドライバーの運転はスリル満点です。
トラベラーズチョイストラベラーズチョイストラベラーズチョイス
トラベラーズチョイス
影響力の大きい口コミ投稿
トラベラーズチョイス ベスト・オブ・ザ・ベストは口コミや評価に基づいて選ばれます。来年の受賞決定に向けて、さっそく口コミを書こう。
トラベラーズチョイストラベラーズチョイストラベラーズチョイス
08.
歴史的中心地、バクー。シルクロードの港湾都市としてのルーツから、石油ブームの時代、ソビエト時代に至るまで、その激動の過去を垣間見ることができます。 細い道が迷路のように入り組んでいる旧市街では、モスク、歴史ある建築物を見ることができます。城壁都市の面影を感じさせるシルヴァンシャー宮殿、乙女の塔といったユネスコ世界遺産に指定されている名所もあります。 また、芸術や文化的な活動も盛んです。賑やかで現代的なビジネス都市という一面もあります。
09.
ネパールの首都を取り囲む谷には、古代寺院や神殿、興味深い集落が多く見られます。 ダルバール広場の中心で地元の人や動物と触れ合ったり、賑やかなタメル地区での山のトレッキングはいかがでしょう。 精巧な職人技を求めて買い物をするのも良いでしょう。絨毯や紙製品が有名です。
10.
ヴァヴェル城、中央市場広場、聖メアリー大聖堂、カジミエシュ地区など。ユネスコ世界遺産に早々と登録されたクラクフには、歴史的建造物の魅力が溢れています。 何世紀もの間、文化遺産として親しまれていますが、ここ最近ではヨーロッパにおける食文化遺産の中心地にもなっています。 2019年、クラクフは欧州ガストロミー学会により欧州食文化首都に認定されました。 クラクフは文化に根ざした生活が息づく街。 このマウォポルスカの県都では、毎年100ほどのフェスティバルや国際的なイベントが開催されています。
11.
ベトナム最大の都市ホーチミンは、文化や経済でも国の中心で、いつでも活気づいています。 かつてはサイゴン市として知られていたこの街には、フランス植民地時代のおしゃれな建築物が残されています。 交通量が多く、無秩序に広がった街の観光にはタクシーが便利でしょう。 戦争証跡博物館では、ベトナム人の視点から見たベトナム戦争への想いが伝わってきます。 見ごたえたっぷりの玉皇殿にもぜひ足を運びましょう。 いつも大盛況のベンタイン・マーケットでは、食料、花だけでなく、蛙まで販売されています。 メコン川ツアーへ参加し、水田やハウスボートなど村々の風景を眺めても良いでしょう。
12.
お子様がビーチでのいつもの休暇に飽きたなら、ランザローテに連れて行ってみましょう 美しいビーチはもちろんのこと、このユネスコ エコパークにはここでしか楽しめないアトラクションとアクティビティを体験できます。 ティマンファヤ国立公園ではラクダに乗っての火山巡りを、ハメオス デル アグアでは溶岩トンネルにあるレストランでの食事を楽しみましょう。 退屈していたティーンエイジャーも感動するでしょう。
13.
サンティアゴは見どころ満載の大都市です。 ベラビスタにはファンキーなカフェやクラブが建ち並びます。フォレスト パークでは、コロンブス以前の時代から現代までのさまざまなアートのコレクションを見ることができ、街には 16 世紀のサンフランシスコ教会から鏡面仕上げの高層ビルまで、さまざまなタイプの建築物が建ち並びます。 パノラミコ モールの地元の人々が集まるお店では、ボリュームたっぷりのチリ料理を味わえます。
14.
ジュノー山とガスティーノ海峡に挟まれた理想的な場所にある、アラスカ南東の町ジュノーには、かつてアメリカ先住民の漁民やヨーロッパの毛皮商人、そして金鉱を発掘する人々が住んできました。今日ジュノーは、自由をモットーとする州都であり、すばらしいアラスカの自然への入り口として最高の場所となっています。国立公園では、釣りやカヤック、犬ぞりを、そしてアイシー海峡ではクジラウォッチングを、またジュノー氷原では、氷河ハイキングを楽しめます。
15.
人口約 130 万人の多文化都市パナマシティは、運河以外にも多様な魅力があります。スラム街もあれば、高層マンションも建ち並んでいます。旧市街には、教会、広場、宮殿などが無秩序に混在しています。パナマシティの繁華街からは15分ほどのところに、ソベラニア国立公園 があり、ハイキングやバードウォッチングが満喫できます。ローカルバスかタクシーで、ミラフロレス ロック ビジター センターへ行けば、運河の素晴らしい景色を楽しめます。
16.
白い砂のビーチとターコイズブルーの海が有名なボラカイ島への出発地として知られるパナイ島。数日滞在できるなら、アンティーケ州の起伏のある山々や川、イロイロ市の歴史や建築物など、このフィリピンの島の魅力をさらに発見できるはず。また、グルメ好きにもおすすめの島です。バイバイ・ビーチではフィリピンでトップクラスとも言われるシーフードを味わい、ギマラス島に寄って世界で屈指の甘いマンゴーをお試しあれ。
17.
ロンボク島は、場所が違っていたら、誰もが憧れる旅行先になっていたことでしょう。 しかしバリ島のさらに東にあるため、奥地の入り江、果てしなく続くクリーム色の砂浜、青々と茂る木々の間を勢いよく流れる滝については、実はあまり知られていません。 混雑を避けられるので、むしろ好都合だとも言えます。 バウン・プサックの木々の間で野生のマカクを観察したり、ギリメノの周辺でアオウミガメやタイマイと一緒に泳いだり。周りの人を気にせずに楽しむことができます。 このインドネシアの島には、バリ島にも負けない見どころがあります。 それは、カルデラの中に巨大な湖がある活火山、リンジャニ山。 早朝のハイキングでは、海面から昇る朝日を眺めることができます。
18.
カーポ ベルデのサル島では、ビーチが自慢です。 白砂のビーチが、青緑に透き通った海に沿って広がります。のんびりと日光浴を楽しむにも、ドキドキわくわくするウォータースポーツを満喫するのにも最適な場所です。 スノーケルを楽しむ人も、ダイバーも、熱帯魚や亀、いるかと戯れることができます。 陸上では、子どもも大人もテラ ボアの蜃気楼に驚嘆するでしょう。視覚的錯覚により、広大な平原に静かな湖が浮かんで見えます。
トリップアドバイザーで人気のアクティビティを予約
自分にぴったりのアクティビティを。ほとんどの場合、無料でキャンセル可能です。
19.
ウイーンでは、コーヒーハウスはただのたまり場ではありません。立派な施設です。 菓子パンを片手に新聞を読みながら強いエスプレッソをすする。ウイーンでの文化的な時間の過ごし方として、ユネスコのお墨付きです。 ザッハトルテで腹ごしらえしたら、伝統的な美しいウイーン分離派の芸術や、王宮や国立歌劇場、シュタインホーフ教会、そして幾何学模様が美しい美術史美術館などのモダンな建築物を見て回りましょう。
20.
キプロス島の南西海岸に位置するパフォス。地中海の温暖な気候と健康的なライフスタイルを満喫できます。 パフォスでは年間を通して日光浴を楽しむことができ、どこへ行っても現地の人々のおもてなしの心に触れることができます。 夏には地中海のきらめく暖かい海に飛び込み、春には色鮮やかな自然の遊歩道を散策して、野生の花々が咲く野原を満喫。秋には古代史跡や歴史的建造物を見学し、冬には数々のアウトドアアクティビティで心身をリフレッシュすることができます。 旅のスタイルにかかわらず、パフォスには年間を通してさまざまな見どころやアクティビティが目白押しです。 文化や地元の伝統のほか、現地ならではの体験を満喫したい方なら誰でも、パフォス地方での旅を楽しむことができます。 のんびりとしたロマンチックな雰囲気が漂い、カップルの記念日や家族で一生の思い出を作るのに最適な場所です。
21.
モロッコ南部で最も人気のあるアガディールには管理の行き届いたビーチがあり、日光浴に最適です。ヤシの木が建ち並ぶ通りやビーチフロントのバーがあり、避寒のために多くのヨーロッパ人観光客が訪れるので、まるで西欧のリゾート地のような雰囲気を醸し出しています。アガディールではのんびりとリラックスするに尽きます。ラクダに乗ったり、ビーチバギーをレンタルしたり、ハダ地区の市場を散策したりと、楽しみ方は人それぞれ。20 分かけてアガディール カスバに登って、町を見渡せる素晴らしい景色を堪能するのも良いでしょう。
22.
トルコの南西部にあるマルマリスは、松に覆われた美しい山々が広がる海辺のリゾートです。 ここはクルーズ船やヨットの港として人気があり、手ごろなリゾートとしてイギリス人でにぎわっています。街にはたくさんのファースト フード レストランがあり、また修復されたスレイマン大帝の城や素敵な石畳の旧市街があります。マリーナには、バーやレストランが並んでいます。 賑やかな街の郊外にある、ダッチャ半島の入り江や湾までボートで出かけ、素敵な日帰りの旅を楽しみましょう。
23.
1459 年にヴラド 3 世がブカレストの所有権を宣言して以来、Dambovita 城を皮切りにさまざまな宮殿が建てられました。その多くは現在も保存されています。地下鉄の 4 路線とバスが利用れきます。小パリとも言われるブカレストは、ブランスの影響を受けた 20 世紀初頭の建物が多くあります。ビレッジミュージアム、ルーマニア音楽堂、農民博物館へ足を運びましょう。ペンタゴンについで世界第 2 位の広さを誇る議会宮殿もはずせません。
24.
気さくなベルギーの首都ブリュッセルはベルギー、フランダース州、そしてヨーロッパ全体の主要都市となっています。フラワーマッケートと17世紀の建物がある、中世のグランドパレスは、観光客の驚きを誘います。2006年に再オープンしたアトミウム、素晴らしい景色が楽しめるブリュッセルのエッフェル塔に行ってみましょう。建築に関心のある人は、オルタ美術館となっている建築の巨匠ヴィクトル オルタの旧家に行ってください。サンジェリ地区のクラブとバーは 1年中賑わっています。シーフードレストランが豊富なのは、セントキャサリンです。狭く混雑した車道で車やバスに乗るよりも、徒歩が向いています。
25.
コペンハーゲンは、かつてはバイキングの漁業の街として栄えましたが、古代スカンジナビアの名残が今なお残ります。 再建された村、1000 年前の城跡、そして悪名高き赤毛の蛮人に捧げられた博物館もご覧ください。 コペンハーゲンでは、現代建築と、17 世紀を代表する建築物であるラウンド タワーなどの歴史ある建築物が共存しています。 この街の文化的な魅力は、アート ギャラリー、狭く細い路地、運河、公園、そしてバロック様式の教会によって醸し出されています。
トラベラーズチョイスのカテゴリーをもっと見る