ホスピタリティ業界のリサーチおよびトレンド

業界の世界的なトレンドをご確認ください。

2018年の分析結果: 旅行者の思考パターンを把握して影響を与える

オンデマンド配信のセミナー2018年の分析結果: 旅行者の思考パターンを把握して影響を与える  トリップアドバイザーのビジネス戦略担当ディレクターであるCharlie Ballardが、TripBarometer調査の最近の研究結果をご紹介します。その中で、旅行志向のグローバルトレンド、最近の旅行トレンド、旅行におけるトリップアドバイザーの役割について説明します。 このオンデマンド配信のセミナーでは、次のような調査結果をご紹介します。

  • 旅行者が旅行の計画を立てる方法
  • 観光都市の選択に影響を与える要素
  • 宿泊施設の選択に影響を与える要素
  • 旅行者の旅行予算の立て方
さらに、ヨーロッパ、中東、アフリカの宣伝担当ディレクターであるSam Thompsonが、施設のオーナー様がデータをどのように活用して、トリップアドバイザーのサイトで旅行者に影響を与えることができるかを説明します。 さっそくご視聴ください。ベストプラクティスと以下のヒントをご紹介しています。
  • 施設管理ページでトリップアドバイザーの無料マーケティングツールを使用する
  • 旅行者の口コミを活用して、レピュテーション(評判)を向上させる
  • データアナリティクスでトリップアドバイザーの役立つデータを入手して、アプローチすべき旅行者を知る
  • ビジネスアドバンテージを活用して掲載ページをカスタマイズし、旅行者の期待を超える情報を提供する
  • スポンサー提供枠を利用して、トリップアドバイザーで検索している確度の高い見込み客にターゲットを絞ってPRする
現在、ライブイベントをオンデマンドで配信しています。 さっそくご登録のうえ、動画(英語のみ)をご覧ください。

テクノロジーはホテルビジネスの未来を保証する鍵(Hotel Tech ReportのCEOによるゲスト投稿)

テクノロジーはホテルビジネスの未来を保証するための鍵Hotel Tech ReportのCEOであるJordan Hollander氏によるゲスト投稿

パンデミックの終息が近づいたことを受け、世界中のホテルのオーナーやマネージャーは、今後に備えて過去12か月の出来事を振り返っています。 2020年の壊滅的な状況にもかかわらず、旅行業界にはすでに回復の兆しが見え始めています。 旅行業界が活気を取り戻す中、「通常営業」の体裁で営業するホテルビジネスの皆さまは、ニューノーマルの世界では公正なシェアを獲得しづらいことに気付かれることでしょう。

ホテルのさまざまな部門において、抜本的な変化が起こりました。 例:

  • 大量の一時解雇により、ホテルのマネージャーは従業員を採用、研修、定着させるための新しい方法を見つけなければならなくなります。
  • 出張需要が落ち込めば、営業マネージャーは効率的にグループビジネスの関心を集めて、売上につなげる必要があります。
  • 在宅勤務の傾向に伴い、消費者の好みが変化したことで、マーケティング担当者は余暇の需要をどのように取り込むかについて、より賢明な判断を迫られます。
  • 比較可能なデータが不足しているため、収益管理担当者はリアルタイムでの価格の競争力を知る必要があります。

これらの変化すべてに共通するものは何でしょうか? このようなホテルビジネスの課題はすべて、ソフトウェアをインテリジェントに活用することで解決できます。 ホテルのマネージャーは、デジタル求人プラットフォームとマーケットプレイスを使用して新しい人材を発掘し、従業員エンゲージメント向けのソフトウェアを活用して人材を確実に定着させることができます。 営業マネージャーは、デジタルRFPソフトウェアを使用して、分かりやすいかたちでオファーを即時に提示し、より多くのグループビジネスを獲得できます。 マーケティング担当者は、サードパーティのデータツールを活用して競争力の高いセグメントを特定し、広告テクノロジーによってリーチできます。 収益管理担当者は、リアルタイムの価格設定アルゴリズムを利用して、ほとんど役に立たない過去のデータに依存することなく、料金戦略を設定できます。

Hotel Tech Reportとトリップアドバイザーは、提携により、あらゆるレベルの技術的専門知識を持つホテル経営者が利用可能なソフトウェアツールについて理解し、それらのツールを活用して、運用効率、収益性、宿泊客の満足度を大幅に向上させる方法を理解できるよう支援しています。 世界中のホテル経営者が、無料の2021 HotelTechIndex™: Hotel Software Market Leaders Reportをダウンロードできるようになりました。英語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、イタリア語で公開されています。 パンデミックの際にSpotlightレピュテーションProなどのツールのリリース後、ホテル経営者が優れたソフトウェアにアクセスできるよう支援するためのトリップアドバイザーの最新の取り組みのもと、このパートナーシップは誕生しました。

ホテル業界のビジネスソフトウェアは、パーソナルテクノロジーとコンシューマーテクノロジーの進化で見られたのと同じ傾向を辿っています。 SaaS(サービスとしてのソフトウェア)の台頭により、テクノロジーはかつてないほど手頃な価格で使いやすくなりました。 幼い子供は、正式なトレーニングを受けなくてもiPadを使うことができます。同様に、貴施設の担当者の皆さまも、ほとんど、もしくは一切トレーニングを受けずに業界トップクラスのホテル向けソフトウェアを使いこなせることでしょう。 適切な技術スタックを選択し、効果的なデジタル戦略を設定することは、今後数年間における取り組みの中で最も強い影響力を発揮するものとなるはずです。

 ...

トリップアドバイザーで施設の魅力をアピールするには?

オンデマンド配信のセミナートリップアドバイザーで施設の魅力をアピールするには? 

インターネットとモバイルデバイスの普及に伴い、マーケティングはデジタル化の一途をたどっています。 デジタルマーケティングにより、さまざまな情報が溢れる中で人目を引き、旅行者の関心を集めることができます。また、人々の感情に訴えることもできます。

トリップアドバイザーのインダストリーリレーションズ部門のグローバルディレクター、Sally Daveyと、B2Bコンテンツマーケティング部門担当責任者のDianne Hallockが、デジタルマーケティングの心理学的な効果や、予約を後押しするためにトリップアドバイザーをどのように活用できるかについて、ディスカッションを行います。 視聴してヒントをチェック:

  • 特別なデータを活用して、ターゲットとなる見込み客を特定する
  • 入手した情報やさまざまな機能をフル活用して、貴施設の魅力を最大限に伝える
  • 各種無料ツールのほか、ビジネスアドバンテージスポンサー提供枠を活用して貴施設をアピールする

さっそくご登録のうえ、オンラインセミナー(英語のみ)をご視聴ください。

魅力的な施設写真を撮影するためのヒント

魅力的な施設写真を撮影するためのヒント ホテル写真のプロが教える撮影アドバイス

「百聞は一見にしかず」と言いますが、現在のプロフィール掲載写真は見込み客に貴施設の特徴を存分にアピールしていますか? プロの写真家に頼む余裕がなくても、魅力的な施設写真を自分で撮影する方法があります。

旅行者が宿泊施設を選ぶ際に決め手となるような、高品質な写真で施設をアピールしましょう。ホテル写真を撮影するプロが現場で使うテクニックやヒントをご紹介します。

写真の構図を決める

バンクーバーにあるARC-アーキテクチュアル・フォトグラフィーの代表、ケン・ワン氏は、「工夫を凝らした照明と空間が洗練された写真を生み出します」とアドバイスしています。 自然光または人工光でも、豊富であれば効果的です。 「さらに、眺めのよい客室や、屋外プールなど、まるでそこにいるように感じられる写真は閲覧者を魅了し、惹きつけることができると思います。」

逆に、写真に人物を含める場合、施設がターゲットとするお客様のイメージを伝えることになりますが、そのイメージに合わないお客様を遠ざけてしまう恐れがあると、ワン氏は述べています。

どんなタイプの宿泊施設でも、特に客室を含む滞在スペース全体の宣材写真が必要です。 ただし、他にもフォトギャラリーに含めたほうがよい写真があります。

掲載すべき写真:

  • スタッフの自然な姿をとらえたスナップ写真。
  • 自然光で細部を際立たせた建物。
  • 柔らかい光の中でライフスタイルを撮影した写真(装飾、家具、料理)。
  • くつろいだ雰囲気が感じられるナイトタイムのシーン。

避けるべき写真:

  • カメラ目線のスタッフやお客様。
  • 閑散としたロビーや廊下、客室のドア。
  • 清掃されていない客室。
  • 多くの物が写ったまとまりのない写真(広角レンズやパノラマビューはおすすめしません)。

「時間を惜しまずに、適切な構図が見つかるまで家具の配置を変えてください。 ベッドシーツはシワをなくして、 ゴミ箱は写らないようにし、壁の絵はまっすぐにしましょう。」 - マーク・ボルトン・ホテル・フォトグラフィーのマーク・ボルトン氏

シーンを決める

撮影をはじめる前に、空間をふさわしく演出しましょう。 ロンドンを拠点とするマーク・ボルトン・ホテル・フォトグラフィーのマーク・ボルトン氏は、世界中のホテルを撮影しています。 ボルトン氏は、「時間を惜しまずに、適切な構図が見つかるまで家具の配置を変えてください。 ベッドシーツはシワをなくして、 ゴミ箱は写らないようにし、壁の絵はまっすぐにしましょう。」と、述べています。

また、自然光をうまく活用するため、時間帯を考慮してください。 よく晴れた日の早朝は、撮影に最適です。

機材を最大限に活用する

素敵な写真を撮るのに値の張る高性能のカメラ機材は必要ありません。ただし、仕上がりをよくするのに、カメラの付属ツールや設定を上手に使いこなす必要があります。 さらに、比較的安価なアクセサリーも効果を発揮します。 

ボルトン氏は、水平に撮影できる三脚の使用を勧めています。 「カメラと同じ高さで撮影するようにしてください。不自然なアングル、つまり垂直線の収束を防ぐことができます。 カメラに取り付けられる、非常に小さな水準器を購入するのもよいでしょう。」と、述べています。

また、小さなレンズ口径の使用も勧めています。これにより、被写界深度が深くなり、前後の被写体にも平等にピントが合うようになります。 反対に、大きなレンズ口径を使用すると背景がぼやけます。 タングステンライトを消してISO値を最大400 ISOに設定すれば、画像のノイズを減らすことができます。 ISO値が高いと、カメラの光感度が上がります。

ワン氏は、はじめに数枚のテスト撮影をおこない、パソコンで確認するよう勧めています。 「人の目には正常に見えても、カメラを通すと奇妙に見えることがあるのです」と、述べています。

トレンドを取り入れる

現代的な写真を撮りたい場合は、ホテル写真のトレンドを考慮に入れましょう。 ボルトン氏は、建築的な要素よりも装飾や料理などのライフスタイルに注目した構図を取り、写真に自然光を存分に取り入れています。 そうすることで、個人的なふれあいやシーンに組み込まれた瞬間をとらえた、臨場感あふれる写真となります。

しかし、流行は常に移り変わるため、写真を通して伝えたいメッセージに集中するようにと、ワン氏はアドバイスしています。 ヘアスタイルやファッションが変化するにつれ、人物を写したライフスタイル写真も時代遅れになっていきます。

時間を取って貴施設を魅力的にアピールできるフォトギャラリーを作成しましょう。 魅力的な写真により、貴施設がターゲットとするお客様に適切なメッセージを伝えることができます。 

投稿者: http://gobigorgohomeblog.com...

暴動の最中にお客様をもてなす

暴動の最中にお客様をもてなす 最初の爆発音を耳にしたとき、私は危うくワイン グラスを落としそうになりました。 2013年 6月、ブラジルのリオデジャネイロで暴動が起こったとき、私とフィアンセはちょうどレストラン ハチコウで 12 品のコース料理を食べ終えるところでした。 レストランから道を挟んで向かい側では、10 万人もの人々が州議会の建物の前に集まり、教育やヘルスケア、政府の汚職疑惑に対する不満をぶつけていました。

それから 1 時間もしないうちに、爆発による衝撃でレストラン内の食器が割れ、燃え盛る車が窓の外をオレンジに染める中、私たちはレストランの真ん中でしゃがみこんで体を寄せ合っていました。 その晩は、旅行中で最も恐ろしい一夜となりつつありました。人生で一番恐ろしい夜といってもいいでしょう。 しかし、接客スタッフたちは私たちの安全の確保に努め、冷静に落ち着いて対処してくれました。

国中に怒号が響き渡る中、寿司店に 4 時間も閉じ込められていた客の 1 人として、危機的な状況でもおもてなしの心を提供するための 5 つのヒントをご紹介します。

1) 落ち着くこと
その土地になじみのない客であれば特に、スタッフの対応に頼るほかありません。 抗議行動が暴徒化する中で、ハチコウのウエイターはダイニング ルームを取り壊す行動に出ました。 ヘリコプターや花火の爆音や叫び声が上がる中で、ガラスや銀食器が触れ合う音は心を落ち着かせてくれました。

2) お客様に状況を説明する
言葉の壁があったものの、ハチコウのスタッフは店の外の様子を伝えようと懸命に努力してくれました。 シューという恐ろしい音が聞こえたときは、車が燃えている音であることを説明してもらえたので、状況が把握できて助かりました。 何も問題ないように振る舞ってはなりません。 正直に伝えてもらえると、お客様からさらなる信用を得ることができます。

3) 状況を説明し、政治的なことは言わない
ハチコウのウエイターはその暴動について、何年かぶりの大きなものだと説明してくれました。 また、人々が抗議行動に出た背景も説明してくれました。 しかし、彼らはどっちの肩も持たなかったため、スタッフや客の間で言い合いになることはありませんでした。 暴動は外だけで十分です。

4) 土地勘を生かしてお客様の力になる
ウエイターは、知りうる限りのタクシー運転手に連絡してくれましたが、どれも私たちのところに来てはくれませんでした。 抜け道を説明してくれましたが、理解できませんでした。 最終的には、ダイニング ルームの清掃が終わるまで待てば、安全に外に連れて行ってくれることを提案してくれました。 その優しさに心底感動したので、最後は思いっきりハグとハイタッチをしてからタクシーに乗り込みました。 リオデジャネイロに行く人には、必ずこのレストランをお勧めします。

5) 緊急時の計画を立てておく
天災がいつ発生するか、また、平和な抗議行動が暴徒化するかどうかは予測がつきません。 ソーシャル メディアなどを活用して、最新の状況に目を光らせておいてください。直感を信じて、必要であれば臨時休業するようにしてください。 お客様の安全を犠牲にしてまで利益を得ないでください。 上記のヒント以外にも、地方自治体からの安全手順を必ず順守してください。

Helen Anne Travis は、FromWayUpHigh.com で旅行ブログを執筆しているライター兼マーケターです。ツイッターのアカウントは @Helen_Anne です。

投稿者: http://fromwayuphigh.com...

旅行者が、素晴らしいサービスとは何だと思うかを教えてくれました

旅行者が、素晴らしいサービスとは何だと思うかを教えてくれました

最低限のサービスだけではお客様を魅了できません。

そのため、人気の旅行ビデオブロガーである Kate Thomas 氏は、ホテルの宿泊客として、素晴らしいサービスとは何だと思うかを旅行者に尋ねました。

この動画 (英語) によると、お客様にご提供できる素晴らしいサービスには、次のものが含まれます。

  • 温かくお客様を迎え、すばやくチェックインを行うこと
  • 気配りが行き届いており、お客様のニーズが満たされていること
  • 食事場所や観光名所に関し、地元ならではのアドバイスをすること
  • 心から仕事を楽しむスタッフがいること
  • お客様の名前を覚えていること
  • どんな問題もすばやく解決すること

Kate 氏個人は、到着時の無料カクテルやスナックがあると感銘を受けると述べています。

投稿者: http://travelwithkate.com 最終更新日: 2014年10月27日

否定的なソーシャル メディアのコメントに対処する: パート 1 ‐ Facebook

否定的なソーシャル メディアのコメントに対処する: パート 1 ‐ Facebook

ソーシャル メディアは、お客様と一人の人間としてつながることができる大きなチャンスです。 しかしながら、一人の人間としてのつながりは時に諸刃の剣でもあることを、多くの企業が実感し始めています。 ソーシャル メディアで貴施設を褒め称えるユーザーもいれば、この公開スペースをクレームのはけ口とするユーザーもいるのです。

今や、ほとんどの施設が Facebook や Twitter、Google+、Instagram、Pinterest といったさまざまなソーシャル メディア プラットフォームでのプレゼンスを高めています。 その中でも最も大規模で人気の高いプラットフォームは Facebook と Twitter ですが、これらの 2 つのプラットフォームには否定的な意見やクレームも多く集まってきます。 これらの 2 大ソーシャル メディアでは、フォロワーとのやり取りの方法がそれぞれ異なるため、コメントに対する返信の仕方もそれぞれに合わせて変える必要があります。

しかしその前に、どのソーシャル メディアでのクレームであっても、問題をスムーズに解決できる確率が大きく高まる共通のルールがあります。それは…

返信すること (しかも素早く)

ソーシャル メディアでのクレーム対応は、貴施設の対応が大勢のユーザーに見られているということ以外は、ホテルやレストラン、観光名所でお客様のクレームに直接対応することと変わりません。 素早く返信しないと誰か別のユーザーが返信してしまい、現在ご利用いただいている、また今後のご利用を検討しているお客様への印象がこれによって左右されてしまうかもしれません。

ソーシャル メディア プラットフォーム全般に渡って、クレームに対する返信の方法を決めておくことが重要となります。 あらゆる効果的なカスタマー サービスと同様、ソーシャル メディアでのクレームを適切に処理することで、お客様満足度の向上につながり、ソーシャル ネットワークでの貴施設の評判が上がります。

3 ステップからなる Facebook での返信方法

まずは月間 13 億のアクティブなユーザーを抱える1 Facebook で、ソーシャル メディアでの戦略的な返信方法を始めてみましょう。 実際、施設ページではどのようにクレームに対応していますか? クレームの具体的な内容にも依りますが、この 3 つのステップは貴ブランドのイメージ アップにつながる返信方法の大まかな枠組みであると言っていいでしょう:

  1. 共感する
  2. 謝罪する
  3. 実行する

たとえば、Facebook に寄せられる “ホテルの客室が清潔でない”、”レストランの食事がおいしくない”、”観光名所で待ち時間が長い” といった投稿は、具体的な対応が可能なクレームです。 その方法は以下の通りです:

まず、共感します。 お客様の怒りを理解していることを伝えてください。 あなたがお客様の立場だったら、怒りますよね? クレームの具体的な内容に対して、一人の人間として返信することが重要です。

次に、謝罪します。 期待に応えられなかったことについて心から (この点が重要です) 申し訳ないという気持ちと、改善していきたいという気持ちを伝えてください。 最後に、実行します。 この時、メールや Facebook のメッセージを通してお客様と直接お話したいと申し出ることが重要です。 そこからは、お客様のクレームに直接対応している時と同じように問題に対処します。

ソーシャル メディア独自のカスタマー サービス

Facebook ページ上に、ソーシャル メディアでのクレーム専用の連絡先メール アドレスを用意します。 通常のカスタマー サービスのメール アドレスでの対応に不満を持ったお客様が、貴施設の Facebook ページを訪れて同じメール アドレスが表示されているのを見たらがっかりするでしょう。

クレームが貴施設の Facebook ページで何の返信もないまま放置されていれば、お客様の怒りはさらに強まり、コミュニティ メンバーもそれを目にします (自分の意見をコメントするユーザーも現れるかもしれません)。 すぐにオフラインでクレームに対応するか、公開されていない場で対応すべきです。

共感することの重要性

しかし、明らかにただ鬱憤を晴らしたいだけのお客様の場合はどうすればいいでしょうか? たとえば、フライトの遅延などです。 世界中のどのような航空会社の、いかに優秀なソーシャル メディア担当者でも、フライトを定刻通りに運行させることはできません。 お客様にご満足いただくために出来ることが何もない場合でも、心から共感し、利用していただいたことへの感謝を伝えることで、大きな効果を発揮します。 誰しもたまには愚痴を聞いてもらいたいもので、今日のソーシャル メディアはそのはけ口としての役割を果たしています。

削除すべきか否か

クレームへの対応が済んだら、元の投稿への返信で、問題が解決したこと、そして利用していただいたことへの感謝の気持ちを伝えてください。一般的に、お客様からの適切なクレームは Facebook ページから削除すべきではありません。 ただし、扇動的な内容や名誉を傷付けるような内容、人種差別的な内容の投稿は削除して構いません。そのユーザーからのコメントをブロックしてもいいでしょう。

最後に、貴施設の Facebook ページは貴施設のカスタマー サービス部門の延長であり、そのようなものとして管理することが大切です。 ここでご紹介したステップを参考に貴施設に合った返信方法を編み出してください。 実際、ソーシャル メディアは広く普及しており、これを効果的に管理することは貴施設にとってもお客様にとってもメリットとなります。

次回は、Twitter でのクレーム対応では若干異なるアプローチが必要である理由を説明します。


  • 1. http://www.statisticbrain.com/facebook-statistics/
投稿者: http://rtwin30days.com 最終更新日: 2014年6月12日

スペインでホテルを展開する法人が、トリップアドバイザーで戦略的なブランド再構築を行っている方法

スペインでホテルを展開する法人が、トリップアドバイザーで戦略的なブランド再構築を行っている方法 Selenta社が、SOFIA Hotelの露出度を最大限に高めて集客を図り、レピュテーション(評判)の向上に繋げている方法をご紹介します。

Selentaグループは、スペインの複数の都市において9軒の施設を展開しています。 Selenta社のオンライントラフィック・マネージャーを務めるシルビア・サッター氏に、どのようにトリップアドバイザーを利用してSOFIA Hotelの露出度を高め、集客を図っているかを伺いました。

ブランド再構築の戦略にトリップアドバイザーを活用

Selenta社にとって、ブランド再構築は非常に大きな課題でした。昨年から取り組みを開始し、数か月にわたって計画と準備を行いました。 「私どもは会社を変革し、ブランド全体の再構築を行いました。現在、豪華で高級な施設という位置付けで広く知ってもらえるよう努めています」と、サッター氏は述べます。

目標は、 9軒全ての施設において露出度を向上させ、集客力をアップすることです。 「これまで、当社の施設を訪れるお客様の大半をスペインと英国からの旅行者が占めてきました。今後マーケットを拡大し、米国からの旅行者にアプローチして集客を図りたいと考えています」

最近改装を行ったSOFIA Hotelを改めてアピールするため、サッター氏はトリップアドバイザーを活用することにしました。 「トリップアドバイザーは重要なマーケティングチャネルです。活用することで、私どもの施設の総合的なパフォーマンスを高めることができます。また、予約の獲得に繋がりやすいチャネルでもあります」と彼女は述べます。 「改装をアピールすることに加え、イメージを刷新すべく、SOFIA Hotelの掲載ページに新名称や写真、その他の情報を追加しました」

スポンサー提供枠で露出度を高める

競争の激しいバルセロナのマーケットでSOFIA Hotelの露出度を高めるため、サッター氏はスポンサー提供枠を活用しました。 「SOFIA Hotelの露出度とブランドの認知度を高めるため、スポンサー提供枠を試すことにしました。 スポンサー提供枠によってさらに露出度が高まり、バルセロナで宿泊施設を探す多くの旅行者にアピールできます」と彼女は述べます。

SOFIA Hotelは露出度を高め、集客力をアップすることができました。 「結果は素晴らしいものでした。 SOFIA Hotelでスポンサー提供枠の効果を実感したため、現在では、9軒の施設全てについて、露出度を高める広告キャンペーンを実施してます」とサッター氏は語ります。 「それらの広告により確度の高い見込み客にPRすることができ、各施設において6週間で平均50,000を超えるインプレッション数を獲得しています」

この露出度が、利益を生み出します。 「SOFIA Hotelのウェブサイトへと見込み客を誘導し、予約に繋げていくことで競合施設をリードできます。 スポンサー提供枠を開始してから、SOFIA Hotelの自社予約が増加しています」とサッター氏は続けます。

SOFIA Hotelのレピュテーション(評判)マネージメントにも効果をもたらしています。 「露出度が高まったことは、SOFIA Hotelのレピュテーション(評判)マネージメントにも効果がありました。最近ではバルセロナの宿泊施設で上位10%にランクインされるようになりました」とサッター氏は述べています。 「SOFIA Hotelにより多くの宿泊客が滞在することで、さらに多くの口コミや写真が投稿されます。それらが見込み客に働きかけ、予約を促してくれます」

サッター氏は、年間を通してスポンサー提供枠を利用することを検討しています。 「スポンサー提供枠を活用することで今後も利用客が増加していくようであれば、ブランド再構築の一環として常時広告を掲載したいと考えています。 この広告は、弊社施設の新たな位置付けをアピールし、見込み客をウェブサイトへ誘導してくれます。さらに予約件数のアップにも役立ってきました」と彼女は述べています。

最終更新日: 2018年12月10日

ヨーロッパのホテルグループがコンテンツマーケティングを活用して旅行者にアプローチしている方法

ヨーロッパのホテルグループがコンテンツマーケティングを活用して旅行者にアプローチしている方法 25アワーズホテルは、トリップアドバイザーを利用し、露出度を拡大してブランド認知度を高め、収益をアップさせています。 25アワーズホテルは、ドイツ、フランス、およびその他のヨーロッパの国々で、13軒の宿泊施設を経営するグループです。 デジタル部門の責任者であるAlexander Schuster氏が、コンテンツマーケティングおよびトリップアドバイザーを活用して、旅行者に影響を与え、自社施設の予約を促している方法をご紹介します。

コンテンツマーケティングに重点を置く

Schuster氏は利用客と25アワーズブランドとの関係を構築するため、コンテンツマーケティングを活用しています。 「当社では、プロモーション、割引、パッケージのみに依存するのではなく、コンテンツマーケティングを重視しています。 コンテンツをうまく使えば、当社が単に滞在が目的の宿泊施設ではないことについて、効果的にブランドストーリーを伝えられます。 当ホテルでは、リラックスして楽しく過ごせるほか、冒険のような体験を提供しています。施設が、滞在する都市や周辺エリアに合うように設計されているからです」と、Schuster氏は語ります。 「施設の写真や動画は、ブランドイメージを強化しています。 各ホテルのブログでは、現地ならではの情報を提供しています」

トリップアドバイザーを利用して購入に至るまでの過程にある旅行者にアプローチ

Schuster氏は、旅行者が主要なマーケティングチャネルであるトリップアドバイザーで宿泊施設を探す際に、関連性の高い情報を提供しています。 「購入に至るまでの過程には多くのタッチポイントがあるため、適切なチャネルかつ適切なタイミングで、旅行者にアプローチする必要があります。 そこで、当社はトリップアドバイザー、Google、ソーシャルメディアなどのマーケティングチャネルでコンテンツを充実させ、旅行者の注目を集めて、アピール力の高いストーリーを一貫して提供しています」と、Schuster氏は述べました。 「トリップアドバイザーを利用することで、露出度を向上させて、25アワーズブランドをPRし、多くの自社予約を獲得しています」

Schuster氏はトリップアドバイザーとの提携により、旅行者の口コミをアピールして、口コミに返信することで、ホテルのコンテンツ戦略を補強しています。 「旅行者は口コミをチェックするため、トリップアドバイザーは購入に至るまでの過程において重要な役割を担っています。 そうした口コミに返信することで、当社の見解を伝えるだけでなく、利用客を大切に考えており、責任を持って対応していることを示すことができます」と、Schuster氏は述べます。

ビジネスアドバンテージで収益アップ

Schuster氏は、ビジネスアドバンテージを利用して、25アワーズホテルの掲載ページを最適化し、自社のコンテンツを紹介することで、旅行者を呼び込んでいます。 「旅行者が当社の施設や料金を検討する際、トリップアドバイザーの検索ページや掲載ページで予約に誘導することができます」と、Schuster氏は述べます。 「様々なビジネスアドバンテージの機能を試して、最適化してきました。 たとえば、当ホテルを最もよく表すカバー写真やお気に入りの写真を掲載したら、データアナリティクスで写真の閲覧率を確認して、さらに多くの旅行者の関心を集めるために何が効果的かを判断します」

また、ビジネスアドバンテージを利用して、旅行者とのつながりも構築しています。 「連絡先を使用すれば、ウェブサイト、電話番号、メールアドレスなど、トリップアドバイザーで適切なコミュニケーションチャネルを掲載できます。 旅行者を公式サイトへ誘導して、自社予約を促しているため、オンライン旅行代理店に利用客が流れてしまうこともありません。なにしろ、当ホテルに連絡するは簡単です」と、Schuster氏は語りました。 「自社予約を促す別の方法として、特典を実施しています。これにより、旅行者は当施設のウェブサイトから、より安価な料金で予約できます」

Schuster氏は、すべての25アワーズホテルでビジネスアドバンテージを利用していると述べました。25アワーズブランドを成長させて、事業を拡大できる機能があるからです。 「ビジネスアドバンテージの利用には、メリットがあります。費用対効果が高く、グループのすべての宿泊施設で収益が上がっています」と、Schuster氏は加えます。

スポンサー提供枠を利用して露出度アップ

Schuster氏は、旅行者へのリーチを最大限に拡大して、25アワーズホテルへのアクセス数を増やすため、スポンサー提供枠を利用してみました。 「旅行者に当施設を見つけてもらう方法として、検索に依存するのは、効果的ではありません。 スポンサー提供枠を利用すれば、すでに購入に至るまでの過程にある旅行者への露出度を拡大できます。特に、旅行者が1つのエリアに絞って検索しているものの、特定のブランドが頭に浮かんでいない場合はそうです」と、Schuster氏は述べました。 「スポンサー提供枠を利用した5軒の宿泊施設は、それぞれ2か月間で平均10万回以上のインプレッション数を獲得しました。つまり、スポンサー提供枠を利用しなかった場合の10万倍、旅行者が表示したということです」

また、スポンサー提供枠を通して、予約件数もアップしました。 「スポンサー提供枠により、露出度が向上するだけでなく、見込み客も増えるため、より多くの旅行客に予約していただけるようになりました。 平均で予約件数が20%アップしました。 また、5軒の宿泊施設で掲載ページへのアクセス数が増加しました」と、Schuster氏は述べています。

スポンサー提供枠のメリットを実感したSchuster氏は、広告への投資には、十分な価値があると考えています。 「スポンサー提供枠は、利用する価値があります。購入に至るまでの過程の複数のタッチポイントで、25アワーズブランドの認知度を高めることができました。 すべてのクリックは、旅行者のエンゲージメントを示しており、興味を持っていることを意味します。旅行者が広告を見た場合、後日予約するために再度アクセスする可能性が高くなっています」と、Schuster氏は語ります。

...

成功事例: ジャイプールのホテルがトリップアドバイザーでインバウンド・マーケティングを強化

成功事例: ジャイプールのホテルがトリップアドバイザーでインバウンド・マーケティングを強化 ロイヤル・ヘリテージ・ハヴェリがスポンサー提供枠で旅行者にアピールし、ビジネスアドバンテージで集客力をアップしている方法をご覧ください。 ロイヤル・ヘリテージ・ハヴェリは、インドのジャイプールにある小さな家族経営のデザイナーズホテルで、トラベラーズチョイス・アワードを複数回受賞しています。 ハヴェリのディレクターであるシャンバヴィ・シン氏が、インバウンド・マーケティング戦略の有効な手段としてトリップアドバイザーを活用する方法をご覧ください。 課題: 旅行シーズンを最大限に活用

シン氏は、旅行シーズンにできるだけ多くの予約を獲得することに注力しています。 「旅行シーズンは短いので、最大限に活用しなければなりません。 ジャイプールのオフシーズンは非常に暑いので、空室を埋めるのは大変です」とシン氏は述べます。

地元の宿泊施設の多くも、同様の戦略をとっています。 「ジャイプールの競合施設の中で注目を集めるのは簡単ではありません。 当ホテルのような小規模施設が有名ホテルと競合して、旅行シーズンに訪れる限られた数の旅行者を獲得するのです。 ですから、似ている施設との差別化を図る必要があります」

ソリューション: トリップアドバイザーを活用してインバウンド・マーケティングを強化 「この課題に取り組むため、インバウンド・マーケティングによってお客様にアピールし、集客し、お客様との距離を縮め、楽しんでいただきます。トリップアドバイザーは戦略上とても重要です」とシン氏は述べます。 「インバウンド・マーケティングで旅行者からの認知度を高め、ハヴェリへの信頼感を持っていただけます」...

リスボンの新規開業ホテルがトリップアドバイザーで成功を収めている理由

リスボンの新規開業ホテルがトリップアドバイザーで成功を収めている理由 コーポサントは、トリップアドバイザー・ビジネスアドバンテージとスポンサー提供枠を活用して、ネット上での強力な評判を確立し、より大きな成功をつかんでいます。 コーポサントホテルは、2017年の開業以来、旅行者によるリスボンの宿泊施設のランキングで上位に輝いた、実績のある独立系ホテルです。今回は総支配人のペドロ・ピント氏に、成功のための戦略について尋ねました。 ネット上での評判を高める

ネット上での優れた評判を高めるには、最高のサービスを提供することが肝心です。 これを達成するため、ピント氏は、従業員の育成や継続的な改善に投資しました。 「当ホテルの戦略は、卓越したサービスを提供し、新しいことで利用客を喜ばせるというものです。 優秀な従業員が鍵となるため、雇用する人材を慎重に選出し、利用客からいただいたご意見を定期的に伝えます」と、ピント氏は述べます。

また、ピント氏は、トリップアドバイザーで他の旅行者と体験談を共有することを利用客に奨励しています。 「競合施設ではなく、自分たちを超えるパフォーマンスを発揮できるよう取り組み、常にサービスや口コミを重視しています。 質の高い体験を提供するだけではなく、トリップアドバイザーを活用して、コーポサントに関する情報を発信することに専念しています」と、ピント氏は共有します。

トリップアドバイザーで利用客の口コミを集め、コーポサントのネット上での評判を確立することに専念することで、ピント氏は利用客の関心を集め、最新の口コミでそのサイクルを継続しています。 「利用客にReview Expressで口コミを投稿していただくよう奨励しています」と、ピント氏は述べます。 「ご利用されたお客様は当ホテルを気に入り、体験談を共有したいと思われるようです。ほとんどの人は、初めて口コミを投稿する方々です。 これらの口コミを読んだ方々が、当ホテルでの滞在を心待ちにされています。こうしたお客様も滞在後には、口コミを投稿するよう動かされるとうです」

また、ピント氏は管理者からの返信を通して以前の利用客にポジティブな印象を残すとともに、見込み客にホテルを選んでもらえるような影響を与えています。 「口コミを集めることで、成功が保証されるわけではありません。 口コミに返信し、返信内容を個別に編集して、利用客への感謝を伝えます」とピント氏は述べます。 「また、改善するために、お客様のご意見を取り入れていることをアピールする機会にもなります。 たとえば、騒音に関する口コミを投稿された場合、騒音を軽減するために窓を交換した後、口コミを投稿された各利用客に連絡して、お客様のご意見に基づいて改善したことをお知らせします」

ビジネスアドバンテージ&スポンサー提供枠の導入による成果

「レピュテーション(評判)マネージメントにより、リスボンの人気ランキングで順位が上昇したという成果が得られました。 分析によると、当ホテルへのアクセスの40%がトリップアドバイザーから来ていることが判明しました。 アクセス数を伸ばして、さらに多くの利用客を獲得したかったので、ビジネスアドバンテージとスポンサー提供枠を導入しました」と、ピント氏は述べます。

ビジネスアドバンテージスポンサー提供枠を利用することで、トリップアドバイザーでのコーポサントの露出度を向上させています。 その結果は、ピント氏の期待を上回りました。 「まるで宝くじに当選したかのようです。 これらを活用することで、自社サイトへのアクセス数は500%増えました。 スポンサー提供枠により、リーチが拡大しました。広告を掲載することで、6か月間に約69,000回のインプレッションを獲得して、当ホテルの掲載ページへのクリック数が増加しました」と、ピント氏は説明します。 「ビジネスアドバンテージのおかげで、自社予約がアップして、90%の稼働率を達成しています

...

ヨーロッパの独立系ホテルチェーンが直接予約率を150%向上させた方法

ヨーロッパの独立系ホテルチェーンが直接予約率を150%向上させた方法 ブルガリアのセントラルホテルおよびフォーラムホテルは、トリップアドバイザーのスポンサー提供枠を活用して、自社サイトへのアクセス数を向上させています。 背景 トラベラーズチョイス受賞施設のセントラルホテル、およびエクセレンス認証(Certificate of Excellence)認定施設のフォーラムホテルは、ブルガリアのソフィアにある共同経営の独立系デザイナーズホテルです。 ホテルの総支配人であるZhivko Zhelyazkov氏が、トリップアドバイザーのスポンサー提供枠を活用して、両施設の直接予約件数を増加させた方法をご確認ください。 課題 冬季はソフィアへの旅行者が少ないので、セントラルホテルとフォーラムホテルの宿泊需要がかなり少なくなります。 「1月と2月は集客が難しいので、その期間中は直接予約の獲得を強化することに焦点を当てています」と、Zhelyazkov氏は述べます。 ソリューション...

ケーススタディ: ダービーホテル・コレクションはスポンサー提供枠の利用で予約を25%アップ

ケーススタディ: ダービーホテル・コレクションはスポンサー提供枠の利用で予約を25%アップ ダービーホテル・コレクションがトリップアドバイザーのスポンサー提供枠を使用して可視性を最大にし、難しい状況のマーケットで効率的に競争してきた方法をご紹介します。 ダービーホテル・コレクションは、主にバルセロナを拠点として14の施設を持つ、家族経営のホテルチェーンです。 トリップアドバイザーは先日、同グループのデジタルマーケティングとeコマース戦略を担当するデービッド・マルチネス・イ・ウルジェイ氏と面会し、トリップアドバイザーのスポンサー提供枠を活用することにより、難しい状況にあるマーケットでいかに効率的に顧客を獲得してきたのかを知ることができました。 課題: 需要の少ない中で見込み客を獲得 ダービーホテルが拠点を置くバルセロナのマーケットでは、2018年中の観光業の需要が、とりわけオフシーズンに減少する見通しとなっています。 マルチネス氏は、旅行業界におけるこの低迷を予測し、少ない旅行者をめぐって大手ホテルチェーンと競争するための策が必要だと考えていました。 マルチネス氏は次のように述べます。「マーケットにおける経済状況が思わしくないため、難しいシーズンになるだろうと予想していました。 また、特定の場所について検索を行ってトリップアドバイザーやオンライン旅行代理店で情報を見つけるまで、ほとんどの旅行者が弊社の施設について知らないということも理解していました」...

トリップアドバイザーを最大限に活用しませんか?

特別なスターターパッケージで貴施設のビジネスを拡大しませんか?