推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
地下鉄発祥150年を記念して、世界の地下鉄をご紹介します。街の別の表情が見えてくる、不思議なアンダーグラウンドワールドへ

死ぬまでに訪れてみたい、世界の地下駅 15

地下鉄発祥150年を記念して、世界の地下鉄をご紹介します。街の別の表情が見えてくる、不思議なアンダーグラウンドワールドへ

全長110kmに及ぶ「世界一長いアートギャラリー」と称されているストックホルムの斬新な地下鉄駅。岩盤を掘って造られた駅が多く、なんだか未知の地下生物が潜んでいそうな雰囲気!? 詳しく見る»

ロシアの地下鉄はとにかく豪華。まるで宮殿か博物館のような優雅なデザインの駅が多く、暗い構内を華やかな雰囲気にしてくれます。旧式の車両も走っており、情緒にあふれています。 詳しく見る»

1863年、世界で初めて開通したロンドンの地下鉄。ベイカー・ストリート駅は当時の雰囲気を今に残しています。老朽化からトラブルも多いのですが、それもまた愛嬌の一つ!? 詳しく見る»

マンハッタンの歴史を刻む趣ある駅舎が特徴。すべての路線は地下に造られています。多くの映画や小説の舞台となったことでも知られています。 詳しく見る»

ナポリの地下鉄駅は「芸術の駅」プロジェクトにより、それまでの暗い雰囲気を払しょく。多くの駅が著名芸術家が手掛けるモダンアートで飾られ、利用者の目を楽しませてくれます。 詳しく見る»

マドリッドの地下鉄1番線のイグレシア駅とビルバオ駅の間にある幻の駅。「アンデン0(0番ホーム)」と呼ばれるこの駅は、1966年に廃止され時が止まっています。見学も可能。 詳しく見る»

モンマルトルのアベス広場に出る地下鉄駅で、1900年にパリに地下鉄が開通した年から残っている入口が特徴。アール・ヌーボーの巨匠、ギマールによるデザインは一見の価値あり。 詳しく見る»

地下鉄建設にあたり、ザクザク遺跡が出土するアテネの地下鉄。アクロポリ駅のように、発掘された品々がそのまま展示されているところも少なくない。ちなみに写真はホームを飾る複製品。 詳しく見る»

西海岸らしいクールデザイン。アカデミー賞の授与式が行われるドルビー・シアターの最寄駅だけあって、なんだかセレブに会いそうな雰囲気!?(セレブは地下鉄なんか乗らないか!?) 詳しく見る»

ドバイに開通したドバイ・メトロ。約50駅あるうちの9駅が地下駅。イスラムの英雄の名がつけられたこの駅は、中でも特にゴージャス。きらめくシャンデリアに度肝を抜かれます。 詳しく見る»

サンティアゴの地下鉄駅もまた、多くの駅にアート作品が見られます。中でもウニベルシダ・デ・チリ駅は圧巻。チリの著名画家による国の歴史を描いた巨大壁画が見られます。 詳しく見る»

シンプルな線画が飾る写真のマルビーク駅のほかにも、日本でも人気の漫画、タンタンの壁画が描かれた駅など、そこにいるだけで楽しめるアートな駅がたくさんあります。 詳しく見る»

駅へ続くコンコースに出現する世界最大級のガラスのパブリックアート「光之穹頂」は、高雄の新しい観光スポットに。巨大ステンドグラスがつくり出す光の柱に、歩く足も止まるはず。 詳しく見る»

黄浦江を隔てて両岸に広がる浦東と外灘を結ぶ、全長約650mの海底トンネル。無人のトラムが往復するトンネル内はイルミネーションで演出され幻想的。わずか5分ほどで40元は高価という評価も。 詳しく見る»

平壌には2路線の地下鉄があり、各駅は、革命を描いた壁画やシャンデリアで飾られ、豪華な雰囲気。核シェルターをかねているため、地下100mを超える駅も多い。 詳しく見る»